2012年10月19日

気仙沼かつをの塩辛クリームパスタ 毎日新聞

毎日新聞に掲載していただきました。
-------------------------------------

毎日新聞 10月19日(夕刊)
キャンパる・写Now:
気仙沼かつをの塩辛クリームパスタ
被災地支援の工夫結実、連日完売

mainichi20121019.jpg

カツオといえばたたきや刺し身−−。そんなイメージを覆すメニューが早稲田大学の生協に期間限定(15〜19日)で登場した。その名も「気仙沼かつをの塩辛クリームパスタ」(367円)。考案したのは、同大学JA共済寄付講座「気仙沼復興塾」の食と文化班の学生7人だ。
 気仙沼は、実はカツオの水揚げ量日本一の漁業町。復興塾では、震災後、宮城県気仙沼市に早大の学生が赴き交流を深めてきた。気仙沼をどう盛り上げていくか。関東の学生にカツオをもっと身近に感じてほしいと、学食での提供が決まった。
 当初は新鮮な生のカツオを予定していたが、生協の営業規格で断念。それなら加工食品でと登場したのが、酒のつまみのイメージも強い酒盗(しゅとう)(かつおの身と内臓を発酵させた塩辛)だ。食と文化班のリーダーの仲田有佑さん(教育学部4年)は「パスタとの相性がとてもよかったが、(特有の)においをいかに消すかに苦心した。ツナとパセリ、クリームソースで工夫しました」。
 初日に用意した42食をはじめ、連日完売が続いている。いまだカツオの加工会社は再建が難しい中で、地元の人には「酒盗を知ってもらうのがうれしい」と言われた。本日パスタは惜しまれながらも販売を終えるが、漁師の味“酒盗”は学生に親しまれる料理へと生まれ変わった。【明治大・田中周菜、写真は立教大・牧野将之】
posted by 気仙沼復興塾 at 20:29| 日記

2012年10月18日

完売★かつを塩辛クリームパスタ 気仙沼×早稲田

10月15日〜19日、早稲田大学生協大隈ガーデンハウスで気仙沼×早稲田 かつを塩辛クリームパスタを販売しています。
creampasta20121015.jpg
かつを塩辛クリームパスタ。367円。
毎日限定50食です。

かつをの塩辛をベースに
pasta2.JPG
かつおのツナ、パセリ、クリームソースが入っています。

大隈ガーデンハウス(生協食堂)の入口に看板。気仙沼の文字。
shiokara05.JPG

壁にも、いたるところにポスター。
shiokara06JPG.JPG

机に座ると、生協食堂に、かつおが!
shiokara03.JPG
生協食堂の机には三角ポップ。
よく見ると商店街の早稲田かつお祭りの紹介もあり。

ホヤぼーやもPR。
shiokara01.JPG

かつおや加工品のくわしい紹介も。
shiokara02.JPG
おいしい気仙沼情報が盛りだくさん。

さらに、気仙沼の情報を読みながら食べると
美味しさひとしおです。
pasta01JPG.JPG


おかげさまで開始日より、連日の完売!
shiokara04.JPG
1時すぎにはもう売り切れ。

おかげさまで、皆さんにおいしく食べていただき嬉しく思っています。
posted by 気仙沼復興塾 at 01:12| 日記

2012年10月16日

水産物の放射性物質の検査結果 地図

水産物の放射性物質の検査結果を地図とグラフにした。

Google Mapへリンク こちら
radioa_data20121015.jpg

地点をクリックすると、採取地、最終日、検査結果、分析機関名が表示される。

魚種:カツオ
期間:2011年4月〜2012年10月15日

(凡例)
緑色・・・検出限界未満(20ベクレル以下)
水色・・・1ベクレル未満
青色・・・1ベクレル以上


推移データは以下となる。(クリックで拡大)
radioa_data20121015.jpg

(分析)
食品中の放射性物質については、国では新しい基準値を100ベクレルと定めている。宮城県は国の基準より厳しい50ベクレル以上で出荷を自粛する独自基準を設けている。
カツオについては、回遊魚であり、水産庁の採取調査では、それらを上回る例は、原発事故直後より2012年10月までの間、一度もない。2011年4月7日房総沖で30ベクレルを検出したのが最大である。半年後(9月)には、15ベクレル以下に減少している。2012年1月以後は、近海、太平洋全域ともに、検出限界未満または1ベクレル以下と、大幅に下回る数値となっている。


(出典元)
水産物の放射性物質の検査結果(水産庁)
http://www.jfa.maff.go.jp/j/sigen/housyaseibussitutyousakekka/index.html
posted by 気仙沼復興塾 at 14:14| 日記